So-net無料ブログ作成
検索選択

100年単位で人類の進歩とかを考える [ネットワークの未来]

100年前の時代の人が、はたして現在の状況や生活を想像できただろうか?

核兵器、テレビビデオ、月着陸、コンピュータ、インターネット、携帯電話、地球温暖化、人口爆発、エネルギー危機、

この100年の科学と技術の進歩は凄かった
ではこれからの100年で何が起こるんだろう?

今から100年後はどんな世界になっているんだろう?

100年前も現在の技術や顕在化した問題を予見した人はいただろう、
でもそれによって生活がどう変わり、人が何を考えるようになったかまでを
想像できた人は、多分いなかったんじゃないだろうか?

多分今から100年先の技術や生活の変化をある程度想像する事は可能だろう。
でも人が何を考えるようになるかを想像するのは、ちょっと難しい。

特にここ数年地球温暖化とかエネルギー危機が叫ばれてハラハラしている
世の中ではなおさら、未来がどういう方向に転ぶのかなんて想像もつかない。

でも、おそらく、コミュニケーションツールやコンピュータシステムがどんどん
進化する事で、人の価値観とか社会の制度なんかが、ガラリと変わる世界に
なっているんじゃないかと思う。


■この200年で…
・鉄鋼の大量生産により産業革命が起こり、繊維自動車、などの製品が大量に安価に出回った反面、環境破壊や所得や労働の格差を生み出した。

・ニュートン力学から相対性理論の登場で物理の世界が大きく変わり、世界の認識の変化とリスクの高い莫大なエネルギーの作り方を手にした。

・冷戦をバックヤードに持った国家間の意地の張り合いが、人類を別の天体に立たせる事を達成させた。

・活版印刷からラジオ、テレビという通信手段の進化からマスメディアが生まれ、人々が一つの出来事を早く同時に知る事が出来るようになった。

・戦争の指令基地破壊のリスク分散という発想が、共有文化を育むインターネットを生んだ

技術と文化の発展は見えやすく語りやすい、でも人の価値観や制度はどう変わったのだろう。


■ではこれから100年以上で?
テクノロジーの発達はそれなりに今SFで見られる世界が色々と実現してゆくだろう。
でも本当に気になるのは、技術が進化した事によって起こる制度と、人の価値観の変化だ。

個人的にはこんな事を考えている。
司法、立法、行政、そんな概念がより進化した政治や制度の取り決めが、
は全てコンピュータとネットワークシステムでまかなえる時代になっているんじゃないだろうか。

現在の様々なウェブアプリケーション誕生の期待と機運の高まりは
新しい価値観を示す為の実験場の様だ。

そしてさらに妄想は加速する。この考えに至った経緯をすっ飛ばして妄想の結果だけを書くので、適当にその理由を創造してツッコムなり笑うなりしてください。(眠い)

・情報社会はルール(法律)よりもモラル(印象)が最大のパワーを持つ
 情報社会でのルールは縮小化、無効化して行く。

・義務教育や科学知識や技術ノウハウがタダになる。

・議会制民主主義が無意味化する。

通貨や有価証券の制度が変容する。

・情報娯楽の生産価値が下落する。

・二次制作情報の価値が上昇する。

・一次産業(農業)の重要性が上がり、人気商売化する。


実はちょこちょこ書いてたエントリーで、もう少し先があるけど
これよりもっとまとまってないので今日はここまで。
気が乗ったらまた書きます(たぶん)

-----
触発されたエントリー
http://d.hatena.ne.jp/essa/20080815/p1
歴史の中では20世紀が逸脱の時代として記憶されるかもしれない
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

currencybuilding

100年単位で人類の進歩を考える、私も大好きな思考実験です。物理の先生が、100年間隔、新世紀の後ぐらいで物理の大発見がされているといっていたのを覚えています。記憶がさだかでないですが、多分、1700年ニュートン力学、1800年光の放射、1900年量子力学、相対性理論。という感じだったと思います。2000年は、君らのこどもらが大発見をするんじゃないかなと、その先生は言っていました。私が思う、これからの100年は、もうすぐ発見される、それとも既に発見されている物理の大発見がベースになるんだろうと思います。
1900年の量子力学は、コンピューターの発展を生みました。2000年で期待している物理の大発見かそのきっかけを作るのは、スイスのLHC加速器で得られる実験結果かな。これにより、いろいろな問題を次元をあげることで解決するという手法が、さまざまな分野で活用される100年がやってくるんじゃないかと思います。sakamataさんの妄想の結果も次元をあげて問題を解決していこうという考えですよね。実感できます。
次元の学問であるトポロジーが実を結んだ瞬間が、ポアンカレ予想が証明されたときかなと思っています。2000年の大発見と関係するかもですね。
長くなって、すみません。これじゃ、コメントじゃないですね。
by currencybuilding (2008-09-28 10:12) 

さかまた

>currencybuildingさん
私が100年単位で未来を考える様になったきっかけが、まさに説明していただいた物理の大発見です。多次元的な宇宙観の理論が実験によって証明されたとしたら、確かにすごい事になりそうですね。多次元とか時間と空間の概念がまた一つ覆されたら、どんなテクノロジーに応用されたり、人の価値観を変えるのか、まったく予想がつかないかも。
そういえばアインシュタインが予想していた重力のひずみって、観測機はあるけど、まだ検知されるには至ってないんですよね。もしあちらも証明されると、アインシュタイン先生が200周期連続の快挙なんてことになるかもしれません。
by さかまた (2008-09-28 11:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。